WordPressテーマJINを使ってみた感想

2019 8/09
WordPressテーマJINを使ってみた感想

今回はWordPressテーマJINのレビューです。

まだまだわかっていない、理解していないことも多いですが、

現在自分が使っていてどうか?
良い点は?
悪い点は?

いろいろ書いていきます。

(※2020年2月追記)

2020年2月現在、このブログはWordpressテーマ「SWELL」を使用しています。

目次(クリックで飛べます)

結論 初心者は迷わずJIN

JINをおすすめする7つの理由がこちら

  1. マーカーやボックス、ボタン、アイコンなどの機能が充実
  2. ピックアップコンテンツ
  3. コンテンツマガジン
  4. サイトの構築が容易なカンタン仕様
  5. マニュアルがしっかりしている
  6. 多くの人が使っている
  7. 有料=商品である、ということ。
    (サポートもしっかりしている)

JINの良い点

上に挙げた良い点を説明していきます。

マーカー、ボックスなどの
様々な機能を標準装備している

ボックスも21種類、アイコンボックス16種類、
ボタン13種類、ランキング表、シンプルな表、
横並びボタンなどなど。
他、色々あります。

ボックスは、
あわせて読みたい記事を表示する場合は、
記事にURLを貼り付けるだけで
カンタンに設定できるので便利です。

今回この記事を書くにあたって、
改めていろいろ見てますが、
全然使っていない機能
=初めて知った機能が
びっくりするほどたくさんありました。
これからちょこちょこ使っていきます💧

マーカーやボックスなどの機能は、
JIN固有のものではなくて、
それがないテーマでも(子テーマなどに)に
ソースを書き込めば使えるようになります。

ですが、プログラムやCSSなどを全然わからない
我々初心者は、
できることならそんなところ弄りたくはない
わけです。

自分で理解していないところを下手に弄って、
不具合が出た場合、
初心者にはそれを治すのが難しい、
というか、ほとんど無理です。

勉強してそういうことができるようになっていく、

というのはアリですが、

正直紹介サイトで

このコードをそのままコピペして
貼り付けてください

なんて言われて、
そのコードを貼り付ける人で、
そのコードの意味をわかっている人が
一体どれだけいるのか?という話で。

わかってたら自分でコード書きますわな

全く弄らないのは無理でも、
可能な限りその数は少なくしたい。
なので、こういった装飾系の機能が
標準で入っているのは本当にうれしいです。

ピックアップコンテンツ

ピックアップコンテンツというのは、
このブログでいうと
以前のこのサイトの上の方にあった
写真の付いたカテゴリ別記事で、
カテゴリ以外でも、特に見てもらいたい
(ピックアップしたい)
記事を設定できます。

ブログは記事が増えると、
以前書いた記事が読まれづらくなって、
埋もれていってしまいます。
それを緩和するために
関連する記事の内部リンクを貼ったり
するわけですが、
このピックアップコンテンツは
それをダイレクトに
サイトの上部に表示することができます。

固定の場合1段で4個まで。
数は何個でも行けそうですが、
あまり多くなると
サイトが重くなったり、
見づらい(ユーザビリティが悪くなる)ので、
数はほどほどにした方が良いでしょう。

固定表示の他にスライダー表示もできます。

コンテンツマガジン

コンテンツマガジンというのは、
現在のこのサイトのトップぺージの
ヘッダー下にある、
カテゴリ別に分かれた記事リスト、
のようなものです。

最新記事が固定で含まれているので、
カテゴリ表示は3つまで。
カテゴリが多い場合は
特に自分が見てほしいカテゴリを
そこに入れて表示します。

このブログもそうですが、カテゴリが何個かあると
投稿順の記事リストだけだと
目的のカテゴリ記事を探しづらいのと、
しばらく更新がないカテゴリだと
読まれづらかったりするのですが、
こんな感じのカテゴリ別の記事リストがあると、
それもクリアできるので便利です。

インストールした時点である程度出来上がっている

僕は他テーマからの乗り換えでJINを導入して、
そのために多少のトラブルはありましたが

最初にJINをインストールした時にうれしいのは、
その時点である程度
サイトとしては見られる状態になっている、
ということ。

他のテーマを使っていた時は
まずアレをして、コレをして、
といった感じで
一から自分で作り上げていかなければならなかった
のが、
JINではある程度出来上がっている。

カスタマイズも嫌いではないですが、
僕はブログを書くために
WordPressを使っているので、
はっきり言って、
ブログを書く以外の部分は極力減らしたい。

初心者がWordPressでブログを始めるときの
大きいなハードルが、
ブログの記事を書く以外の部分だと思うので、
その部分がかなり軽減されているのは
とても素晴らしい。

JINを使えば
WordPressでブログを始めて
それほど時間が経っていない
このブログでも、大した労力を割くことなく、
それっぽい感じに仕上がります。

マニュアルがしっかりしている

ある程度出来上がっているとはいっても、
細かい設定は
自分でしていかなければならないのですが、
その設定も、
ほとんど公式のマニュアルだけでなんとかなる、
というのも大きな魅力のひとつです。

WordPressテーマ「JIN」の設定マニュアル

JIN公式のマニュアル通りに進めていけば、
それだけで
サイトの基本的な設定は済んでしまいます。
説明書やマニュアルがしっかりしている
というのは商品としても大きいです。
どれだけ高機能で、
素晴らしい性能があったとしても、
使い方がわからなければ、まるで意味がないので。

多くの人が使っている

有料テーマの中では
JINはとても多くの人が使っている
テーマだと思います。

僕がJINを選んだ決め手のひとつもコレです。

WordPressって、
サーバーからテーマ、プラグイン、まで
多種多様過ぎて同じ環境がない、
といっても過言ではないくらい複雑ですよね。

ということは、何かトラブルがあった時に
参考にできるような情報も探しづらい、
ということです。

これが家庭用ゲーム機の場合だと、
たとえば
Nintendo Switchのスプラトゥーン2で
○○という不具合があった

となった場合、
それはほとんどのユーザーに出ていて、
更新で不具合修正パッチが当たった場合、
それもほぼ全ユーザーに
修正が適用されるわけです。
それは、
Switchという全く同じ環境で、
スプラトゥーン2という

全く同じソフトを動かしているからそうなるわけで、
コンシューマーゲーム機とPCを比べた時の
利点はまさにそこなわけですが、
WordPressはその自由度の高さゆえに、
環境もバラバラです。
使っているサーバーもバラバラで、
使ってるテーマもバラバラで、
入れてるプラグインもバラバラです。

このバラバラを少しでも減らすことによって、
不具合やわからないことがあった時の
対処のハードルも低くなって、
結果初心者のブログ運営の難易度も下がります。

なので、僕は初心者視点で
サーバーはWordPressユーザーみんなが使っている
エックスサーバー
テーマは使用者が多いJINをお勧めします。
僕は3年契約してしまっているので、サーバーはMixhostですが

JINの悪い点

悪い点というか、良くない点です。
すべてのものには長所と短所があって、
それはJINも例外ではありません。

見た目が同じような感じになる

インストールした時点で
ある程度出来上がっているとか、
最初から色々な機能が備わっているとか、
環境を揃えるとか、
こういった長所も、見方を変えると

外観が同じような感じに見える

という風にも言えなくないです。

JINを使っていると、
同じようにJINを使っているサイトが
なんとなくわかります。

バリエーションは多いとは思いますが、
無限ではないし、
見た目の好みとかで作っていくと
ある程度似た感じになってしまいます。

ブログの本体は記事なので、
見た目ではなく記事でオリジナリティを出せばよい
のですが。
カスタマイズで弄り回したい人向けではないかな、
と思います。
そういう意味で初心者に向いてるテーマです。

※JINも弄ろうと思えば
他のテーマと同じくいくらでも弄れますし、
そういう意味で
他のテーマより劣っているわけではないのですが、
カスタマイズで弄り回したい人は
そもそもJINを選ばないよな、と思います。

サイトの表示スピード

JINもスピードが遅い、というほどではないし、
自分の端末でサイトを見たりする程度では
全然わからないし、
むしろ速い方じゃないか?と思うのですが、

客観的な事実として

スピード計測サイトで測定すると、
ウチの環境(Mixhost)では
遅いとは言わないまでも

速くはないです。

前に使っていたテーマと比較すると、
前テーマは計測サイトで、
ほぼほぼ常時緑表示(速い)でしたが、
JINにしてからは
黄色表示(ふつう)になることが多く、
特にモバイルの測定はほぼ黄色赤色です。

スピードだけを考えた場合、現時点でのJINは
最速のテーマと比較すると
少し劣っていると言わざるを得ません。

価格他の有料テーマと比べると若干高め

JINがWordPressテーマの中で一番高いのか?
というと、そうではなく、
これよりも価格が上のテーマもありますし、
JINと同じ価格帯のテーマもあります。

それでも有料テーマの中では
高めの価格設定と言わざるをえません。

では、何故僕がJINを選んだのか

ぶっちゃけた話、

高いって言ったって、
他と比べてたかだか数千円でしょう?と。

WordPressでブログを書くにあたって、

ドメインで約1万円くらい
サーバーで3万円くらい 使っています。
(僕は3年契約だったので)

僕の場合は
ドメイン失敗して引っ越しているので
実際にはもっとです

無料テーマは(結局色々設定するのは自分なので)

最初の入り口として色々知る、

学習するためには良いですが、

根本的な問題として、

記事を書くためにブログサイトやっているわけで、

設定弄ったりしている時間って、

ただただ勿体ないと思いました。

それに、設定を弄ったところで

プログラムも素人な自分ではたかが知れてる、

とも。

実際、移行した後のこのサイトを見て、

デキる人からすればまだまだなサイトだろうけど、

こういうサイトを自分が無料テーマで

1から作っていくのって

相当時間がかかるだろうし、

多分無理だろうな、と思います。

これを読んでいる人がブログを始めるにあたって、

もしその目的がアドセンスやアフィリエイトなどの

ビジネスが目的であるならば

その先行投資としては

それほど躊躇(ちゅうちょ)するほどの

額ではないと思うし、

趣味でブログを書くにしても、

たとえば

今回の記事で例として挙げたゲーム機とか、

遊びに使うお金、趣味に使う金額と考えたら、

それもまた、

そこまでためらうほどの金額じゃないですよね。

(そうは言っても、僕もポチるまで数日かかりましたが)

僕の持論として、

やるかやらないか、迷ったらやる

やらずに後悔するくらいならやって後悔する

というのがあります。

迷っていることは結局やらないと、

いつまで経ってもそれが気になるし、

欲しいと思って保留していても、

結局気持ちはくすぶっていて

いつまでも、結構長い時間残る。

その結果、

結局買ったり、買えばよかったと思うことも多い。

迷ってる時間、勿体ないですよね。

自分がブログをやっていて、

他の人のサイトを見て、

JINを使っている人のサイトや、

その使用感を見て、とても羨ましく思った。

自分のサイトもこんな風にしたい、

これどうやってるんだ?と思った。

なので、JINを知って

「ああ、もうめっちゃほしい!俺も使いたい!」

と思って購入しました。

いろいろ煩わしいことから解放もされたし、

買って良かったと思っています。

諸作業にかかる時間も短縮されました。

有料テーマを使う意味

有料なら今あるたいていのテーマは

SEO対策はしっかりやっている。

ベテランブロガーの人はそう言います。

それはその通りで、

それだけで有料テーマを使う意味はあるのですが、

僕が有料テーマをお勧めするのは

そういうことだけではなく、

無料テーマって商品ではないので

何の保証もないし、

作者のモチベーションだけで持っている作品

なんですよね。

昔々、ネット界隈にはデスクトップアクセサリーで

偽春奈

あるいは

それ以外の何か

または

伺か

と呼ばれていたソフトがあって、
それは某ソフトへの反発から
それに似たソフトで
それ以上のフリーソフトを作った、
というのがソフト誕生の経緯だった
と記憶していますが、
(訴えられた時のための募金などもあった)

その作者、相当尖がっていたその人が
言っていた言葉として覚えているのが

「フリーソフトはすぐ死ぬ」

です。

利益や金銭が発生していない、
作者のモチベーションだけで運営されているので、
作者の心が折れたら、
飽きたらそこで終わってしまう、
というような内容だったと思います。

思い返せば、これまた昔々、
今もあるソフトですが、
RPGツクールで作ったゲームが
公開配布されていて、
完成したものが無料で遊べるのはもちろんですが、
途中までのものも、作者が自分のサイトで公開して
途中まで遊べるというものもたくさんありました。

面白いソフトもたくさんあって、
続きが、完成が楽しみなソフトも
たくさんありましたが、
多くのソフトは大体完成せず、そのままでした。

趣味だから。

何の利益もなく、
モチベーションだけで持ってるソフトだから、
飽きたらやめるし、そこで終わりますよね。

完成しなかったからといって、
更新が止まったからって、
途中で放り出したって
文句を言われる筋合いはない。

僕らは彼らにとって「お客さん」ではないし、

彼らも商品を作って売っているわけではないので。

WordPressの無料テーマも全く同じだと、
ひとくくりにするつもりはないですが
WordPressでブログを書き始めてしばらく経って、
初心者ながらこの界隈を見ていてなんとなく、
肌で感じるのは

あの頃の「伺か」界隈と何か似ている

です。

また、無料の場合の常として、
サポートがしっかりしていないことも多く、
基本的に何かあった時は自分で対処する
(自分で原因を考えて、自分で解決する)
というのが普通です。

僕らは「お客さん」ではないので。

初心者には結構大変ですよね。

WordPressテーマJIN、ダウンロードはこちらから。

WordPressテーマ「JIN」ダウンロードページ

公式のダウンロードページには

読む人も、書く人も
すべてを考え抜いたデザイン。

とありますが、

JINを使っている人が多い理由が
ここに集約されているように思います。

かなりカンタン・親切設計で、
記事を書くことに集中できる。

その分価格の方は他の有料テーマと比較しても
まぁまぁ高めになっていますが、
その価格に見合う価値はあると思います。

またビジネスでブログを運営している人は、
複数サイト持っている人も多いと思いますが、
JINは

複数サイトでご利用頂けます。

とあるように、
一回買ったら複数サイトで使いまわせます。

更新頻度も結構高めで、
現在も年に数回アップデートされています。
(ついこの間も、更新がありました)

サポートもしっかりしているので、
初心者にもおすすめのWordPressテーマです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックで飛べます)
閉じる