【タイレノール】意外とすごいアセトアミノフェン【カロナール】

アセトアミノフェン
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、TBです。

今回はアセトアミノフェンの紹介です。

ギモンくん

前にやらなかった?

以前の記事ではロキソニン(ロキソプロフェン)
メインの内容だったので、
今回、改めてアセトアミノフェン
焦点を当ててみました。

ギモンくん

最近何かと話題だね!

目次(クリックで飛べます)

アセトアミノフェンって何?

アセトアミノフェン
解熱鎮痛作用のある成分です。

ギモンくん

ロキソニンイブみたいな
感じ?

その2つはNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)
分類されるお薬で、
アセトアミノフェンは
NSAIDsではありません。

ギモンくん

どういうこと?

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)
名前通り非ステロイド性の抗炎症薬です。
アセトアミノフェンには
解熱鎮痛作用はありますが、
抗炎症作用はほどんどありません。

アセトアミノフェンのちょっと詳しい話
  • 脳の視床下部にある体温を
    調節している中枢に働いて
    解熱作用を示す。
  • 視床および大脳皮質に
    作用して鎮痛作用を示す。
  • NSAIDsと違い、
    プロスタグランジン
    (生理活性物質)を減らす作用はない。
    胃障害の副作用はほとんどない。
  • 反面、痛みを抑える効果は
    中程度で、
    炎症を抑える働きは
    ほとんどない。
プロスタグランジンが炎症を抑える作用胃粘膜の保護に関係しているんだね!

抗炎症作用を期待する場合は
アセトアミノフェンは不適、

ということになります。

アセトアミノフェン、どういう時に使う?

ギモンくん

効果がそれほど強くないなら
アセトアミノフェンではなく
より強い薬使った方が良いのでは?

強いお薬は状況によっては
使えないことも多く、
お薬はより条件にあったものを
使用した方が良いのです。

15歳未満の場合

15歳未満の小児は
イブプロフェンロキソプロフェンなどの
使用は禁忌とされています。

お子さんが使用する解熱鎮痛剤の種類としては
アセトアミノフェンが最も安全です。

ウイルス性の発熱の可能性がある場合

インフルエンザ罹患(りかん)など
ウイルス性の発熱の可能性がある場合、
一般的にはアセトアミノフェン単剤での
お薬が推奨されています。

ギモンくん

そうなの?

風邪と思われる症状の場合でも
ウイルス性の発熱の可能性がある場合、
「もしも」を考えて
アセトアミノフェン配合の
(=解熱鎮痛成分としてはアセトアミノフェンのみの)
風邪薬がオススメです。

ウイルス性の発熱で注意すべきお薬

喩えばインフルエンザの場合、
アスピリンエテンザミドの使用は
インフルエンザ脳症のリスクを
高めると言われており、
イブプロフェン
ロキソプロフェンの場合は
禁忌ではないが、
安全性が確認されていません。

気をつけよう!

妊娠中の場合

妊娠初期・中期の場合では
どの鎮痛薬でも問題ありませんが、
妊娠28週目以降の妊娠後期では
胎児の動脈を収縮させ、
新生児肺高血圧症を誘発する恐れもあるため

ロキソプロフェンやイブプロフェンなどの
NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)
使用を避ける必要があります。

対してアセトアミノフェンは
先天異常のリスクを高めることなく、
全期間通して安全に使用できる、

とされています。

ギモンくん

アセトアミノフェンなら
大丈夫?

アセトアミノフェン+他の有効成分
といった形の商品には注意が必要です。

市販薬(OTC医薬品=一般用医薬品)
より効果を高めたり、
飲むお薬の種類・錠数を増やさない
利便性などの理由もあって
基準内で複数成分が配合されているお薬
数多くあります。

ギモンくん

総合感冒薬、
風邪薬がそうだね!

解熱鎮痛薬でも有名どころで言えば
いわゆる「ACE処方」
呼ばれているものがあります。

アセトアミノフェン
エテンザミド
無水カフェインの処方が(頭文字を取って)
そう呼ばれているのですが…

ギモンくん

ですが?

エテンザミドの場合、
インフルエンザ時に使用すると上記のような
危険性があり、
カフェイン1日200mgを超える使用は
流産リスクが高まる可能性が
指摘されている
ため、
妊娠されている方は
アセトアミノフェン単剤での使用が
推奨されています。

ギモンくん

心配な人は
主治医の先生に聞いてみよう!

授乳期間中の場合

アセトアミノフェンイブプロフェン
授乳中の解熱鎮痛薬として
世界でも広く使われています。
ロキソプロフェンも母乳中への移行が
ほとんどありません。

授乳中に使用する鎮痛薬としては
この3つ以外を選択肢に挙げる理由が
ありません。

特にアセトアミノフェンイブプロフェン
海外での利用、使用実績も多いので、
より推奨できるお薬、ということになります。

ギモンくん

ロキソプロフェンも海外では
あまり使われてないけど
ヒトの母乳には
ほとんど移行しないことが
確認されているよ!

ロキソプロフェンの
海外での使用状況について
ちょこっと書いてます。

アセトアミノフェン=万能ではない。

ギモンくん

もう全部
アセトアミノフェンで
良いんじゃないかな?

色々な場面で使い勝手の良い
アセトアミノフェン製剤ですが、
イブプロフェンやロキソプロフェン等と
比べて効果が弱い、という面もあります。

また、長期的な服用は
肝臓に負担がかかるので
お酒をよく飲むなどで肝臓が弱い方
注意が必要です。

アセトアミノフェン
NSAIDs
  • 妊娠中(妊娠後期)でも使える
  • 授乳期間中でも使える
  • インフルエンザなどのウイルス性の発熱時にも使える
  • 15歳未満の小児でも使える
  • NSAIDsと比べると効果が弱い
  • 長期的な服用では肝臓に負担がかかる
  • 15歳未満は使えない
  • 胃障害の副作用が出やすい
  • ウイルス性の発熱の場合の
    安全性は確認されていない
  • 妊娠28週目以降の妊娠後期では
    使えない
  • 上記を踏まえた上での使用の効果は
    アセトアミノフェンより強い
  • 授乳期間中でもイブプロフェンと
    ロキソプロフェンは問題なく使える

新型コロナワクチンの接種による副反応について

アセトアミノフェン単剤でのお薬が
市場で枯渇してきているためか、
厚生労働省から下のような
Q &Aが出ています。

参考までに紹介しておきます。

(※)市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。(アセトアミノフェンは、低年齢の方や妊娠中・授乳中の方でもご使用いただけますが、製品毎に対象年齢などが異なりますので、対象をご確認のうえ、ご使用ください。)

新型コロナワクチンについて

また、某ワクチン関連会社が行った企業向けセミナーでも
ワクチン副反応による発熱で使用する解熱剤は
普段から使用している解熱剤で問題ない
という回答をいただいています。

ギモンくん

特別な解熱剤でなくても良い!

アセトアミノフェン単剤のお薬の紹介

有効成分がアセトアミノフェンのみ
お薬を紹介します。

created by Rinker
¥1,260 (2021/07/30 11:55:53時点 楽天市場調べ-詳細)

初期のワクチンでの需要の高まりで
テレビなどで取り上げられ、
一躍有名(メジャー)になったお薬が
こちらのタイレノールです。
通常の錠剤タイプ。

created by Rinker
¥1,980 (2021/07/30 11:55:53時点 楽天市場調べ-詳細)

タイレノールはメジャーですが、
他のお薬はあまり知られていないようで、
こちらのラックル速溶錠をお勧めすると、
戸惑うお客さんも結構いらっしゃいますが、
歴としたアセトアミノフェン単剤のお薬で
しかも速溶錠(早く効く)タイプ。

パッケージには腰痛・神経痛に早く効く
ありますが、
有効成分の配合はアセトアミノフェン300mg
タイレノールと全く同じなので
心配ご無用です。

ギモンくん

パッケージの宣伝文句から
腰痛推しで湿布薬などと一緒に
置いてあるお店もあるよ!

created by Rinker
¥2,387 (2021/07/30 11:55:53時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらは錠数を分けることで、
子どもでも服用できるように配合された
お薬です。
同じくアセトアミノフェン単剤のお薬で、
大人が服用する錠数では
こちらもタイレノールやラックル速溶錠と同じく
アセトアミノフェン300mgの配合になります。

ギモンくん

お薬は、用法・用量を守って
正しくご使用ください。

アセトアミノフェン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックで飛べます)
閉じる