ビタミンの効果と効能を一覧でまとめてみました。

2020 1/13
ビタミンの効果と効能を一覧でまとめてみました。

こんにちは、TBです。

このページではこれまでに紹介した栄養素、

ビタミンA、B群、C、D、E、Kそれぞれの記事を紹介しています。

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

ビタミンのまとめ記事だね!

目次

ビタミンA

ビタミンAは

  • 皮膚・粘膜を正常に保つ
  • 暗順応や視力を正常に保つ

重要な栄養素です。

日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

1日の摂取推奨量は2015年の食事摂取基準では、

成人男性で850~900μgRAE、

成人女性で650~700μgRAE、となっています。

※μgRAE=レチノール活性当量

2005年版の推奨量では750μgRAE、となっているので、

若干上昇傾向にあるようです。

ビタミンAについての詳しい説明は↓こちらから

ビタミンB群

ビタミンB群は、一般的に

ビタミンB1、B2、B6、B12、

ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、

これらを指します。

主に代謝や身体の機能維持に関係する、とても重要な栄養素です。

それぞれ1日の推奨摂取量は

ビタミンB1が成人男性で約1.6mg、成人女性で約1.2mg
ビタミンB2が成人男性で約1.6mg、成人女性で約1.2mg
ビタミンB6が成人男性で約1.4mg、成人女性で約1.2mg
ビタミンB12が成人男性、女性ともに約2.4mg
ナイアシンが成人男性で約15mg、成人女性で約12mg
パントテン酸が成人男性で約5mg、成人女性で約4~5mg
葉酸が成人男性、女性ともに約240mg、(妊娠時で+240mg、授乳時に+100mg)
ビオチンが成人男性、女性ともに約50μg

となっています。

ビタミンB群についての詳しい説明は↓こちらから

ビタミンC

ビタミンCは

  • メラニン色素の生成を抑える
  • コラーゲンの生成に役立つ
  • エネルギー産生に関わるカルニチンの生成に役立つ

といった働きをする栄養素です。

1日の推奨摂取量は

成人男性、女性ともに100mgとなっています。

ビタミンCは生活習慣によっては特に消費が多いので、より注意が必要です。

ビタミンCについての詳しい説明は↓こちらから

ビタミンD

ビタミンDは、

  • カルシウムとリンの吸収を促進する
  • 骨・歯の成長を促進する

といったはたらきをする栄養素です。

1日の摂取目安量は

成人男性、女性ともに約5.5μgです。

ビタミンDについての詳しい説明は↓こちらから

ビタミンE・K

ビタミンEは、

  • 過酸化脂質の生成を抑える
  • 手足の血液の流れを活発にする
  • ホルモンの分泌を円滑にする

といったはたらきをします。

また、ビタミンKは

  • 血液の凝固に関係する
  • ビタミンD、カルシウムとともに
    骨・歯の成長を促進する

といったはたらきをします。

1日の摂取目安量は、それぞれ

ビタミンEは

成人男性で6.5mg、成人女性で6.0mg

ビタミンKは

成人男性、女性ともに150μg、となっています。

ビタミンE、ビタミンKについての詳しい説明は↓こちらから

ビタミン摂取、基本は食事から

健康を維持するために必要なビタミン。

不規則な食生活を続けていると、
不足して、病気になったり、
成長に障がいが出たりすることもあるので
注意が必要ですが、
バランスの良い食事を心がければ、
ビタミン不足になることはない、

と言われています。

不足しがちなものは、
サプリメントで摂取して
補うこともできますが、
薬を服用している場合、
まれに飲み合わせの良くない
サプリメントもあるので、

飲んでいる薬がある方は、
必ず医師とご相談ください。

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

お薬、サプリメントも
用法・用量を守って
正しくご使用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる