プロバイオティクスって何?気になる市販薬とサプリも紹介

こんにちは、TBです。

今回はプロバイオティクスです。

最近たまーに聞くこのプロバイオティクス。

ドラッグストアでは、

ベビー用食品コーナーや美容関係、

健康食品コーナーに置かれている

商品のパッケージや、商品名によくありますね。

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

というか、
「ぷろばいおてぃくす」って何?

気になるその辺を説明、解説します。

目次(クリックで飛べます)

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは、ざっくり言うと

身体に良い作用のある、生きた微生物です。

腸内細菌のバランスを整え、腸内の異常を改善し、

健康に良い影響を与えてくれます。

安全性が保障されていて、

元々の宿主の腸内フローラにも存在している菌で、

胃液や胆汁などの消化液にも耐えて

生きて腸内に到達できる、

小腸や大腸で増殖が可能であり、

宿主に明確な有用効果を発揮する、

食品などで有効な菌数が維持できうる、微生物

それがプロバイオティクスです。

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

乳酸菌や、ビフィズス菌
有名だね。

プロバイオティクスは、様々なはたらきによって

脂肪の蓄積を抑制して

ダイエット効果を発揮したり、

最近では抗うつ作用があることも

示唆されています。

不足すると大腸の水分吸収機能が低下し、

下痢を起こしやすくなります。

これら善玉菌、

プロバイオティクスを定着させることは、

現状では難しく、

今のところは補給し続けることが重要です。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスに対して、

プレバイオティクスというものもあります。

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

……ややこしいな

プレバイオティクスは

プロバイオティクスのはたらきを助ける物質で、

腸内のプロバイオティクスのエサになり、

善玉菌のみを増やします。

(悪玉菌は増やしません)

具体的には、オリゴ糖類や食物繊維など

代表的なプレバイオティクスです。

プロバイオティクスは、

これらプレバイオティクスと一緒に摂ると

非常に効果的です。

腸内フローラって何?

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

腸内フローラって
最近よく聞くけど、
それは何なの?

腸内フローラのフローラ

細菌叢(さいきんそう)の意味で、

身体の特定の器官に生息する(この場合腸内)

細菌の全種類を意味します。

通常、健康な人の腸内には400種類、

約100兆個の…

気の遠くなるほど滅茶苦茶多くの腸内細菌が

バランスよく住み着いています。

腸内はその細菌がびっしりと敷き詰められた、

さしずめ細菌が豊作の畑、

細菌満開の花畑のような状態です。

腸内フローラは小児期にできあがってしまうので、

その時期の発酵食品の摂取は

その人の一生を左右するくらい、

特に重要であると考えられています。

乳酸菌

乳酸菌は

糖を分解して乳酸を作り出す、善玉微生物の総称

です。

ヒトの腸内にも

200種類以上の乳酸菌が生息しています。

乳酸菌は腸内環境を整えたり、免疫力を高めたり、

コレステロール値を下げるはたらきを

してくれます。

乳酸菌の効果・効能、不足するとどうなる?

乳酸菌には

腸内環境を整える、

免疫力を上げる、

アレルギー症状をおさえる、

コレステロール値を下げる、

肌を美しく保つ、

貧血を予防する、

……などの効果・効能がある、とされていて、

不足すると

便秘になりやすくなる、

貧血になりやすくなる、

肌荒れしやすくなる、

などの症状が出ます。

乳酸菌を多く含む食材

乳酸菌は、

ヨーグルト、チーズ、漬物、味噌、醤油、納豆、

などに多く含まれています。

どういう人にオススメ?

  • 腸のはたらきを正常に保ちたい人
  • 肌トラブルを改善したい人
  • アレルギー症状を改善したい人

これらに当てはまる人は

意識的に摂ることをお勧めします。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、

ヒトの腸内に住みつくことができる

善玉菌の1つです。

腸内の悪玉菌とたたかって、腸内環境を整えたり、

免疫のバランスを正常に整える

はたらきをしてくれます。

その他、ビタミンB群やビタミンKを合成して、

貧血や肌荒れを予防するはたらきも。

ビフィズス菌の効果・効能、不足するとどうなる?

ビフィズス菌には

腸内環境を整える、

免疫力を上げる、

アレルギー症状をおさえる、

コレステロール値を下げる、

肌を美しく保つ、

貧血を予防する、

……などの効果・効能がある、とされていて、

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

あれ?
乳酸菌と同じじゃないか

不足すると

免疫力が低下する、

貧血になりやすくなる、

肌荒れしやすくなる、

などの症状が出ます。

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

……ちょっと違う?

ビフィズス菌を多く含む食材

ビフィズス菌は、

乳酸菌食品や、乳酸菌飲料に多く含まれています。

また、オリゴ糖をエサにして増えるので、

大豆、ゴボウ、アスパラガス、タマネギ、

トウモロコシ、にんにく、バナナなど、

オリゴ糖を多く含む食材を摂るのも良いでしょう。

どういう人にオススメ?

  • 腸の調子を整えたい人
  • 免疫力を高めたい人
  • 貧血や肌荒れに悩んでいる人

これらに当てはまる人は

意識的に摂ることをお勧めします。

プロバイオティクス
乳酸菌、ビフィズス菌の市販薬

指定医薬部外品の生菌整腸剤、

ビオスリーを紹介します。

ビオスリーは、

糖化菌、乳酸菌、酪酸菌、

3つの活性菌が共生することで相乗効果を発揮し、

腸内環境を整える整腸薬です。

  • 有用菌の栄養源を作り、
    乳酸菌の増殖を促す糖化菌
  • 有害菌の増殖を抑制し、
    酪酸菌の増殖を促す乳酸菌
  • 有害菌の増殖を更に抑制し、
    大腸のエネルギー源として
    腸の活動を活性化、便通を良くする酪酸菌

更に、

乳酸菌と酪酸菌は腸内を弱酸性にすることで、

有用菌が発育しやすく、

有害菌を抑制しやすい環境を作ります。

ギモンくんのアイコン画像ギモンくん

ん?
ビフィズス菌が入ってないゾ?

そう、このビオスリー、名前だけ聞くと

「3種類」の善玉菌なのですが、

実は実質「4種類」なんです。

その4つ目がビフィズス菌です。

薬剤にはビフィズス菌は含まれていないのですが、

含まれている糖化菌には

ビフィズス菌の増殖を促すはたらきもあるので、

元々腸内にいるビフィズス菌の増殖も促し、

そのビフィズス菌もまた、

腸内を弱酸性にするはたらきをします。

4つの菌で腸内環境を整える、ビオスリー。

錠剤のビオスリーHi錠の方は、5歳以上から、

散剤のビオスリーHの方は、生後3ヶ月以上から

服用できます。

腸内環境が気になる方にオススメです。

プロバイオティクスのサプリ

新生児の赤ちゃんでも服用できる

サプリメントの紹介です。

ベビー用ジャロードフィルスパウダーは、

その名の通り粉末(パウダー状)で

小さじ1/4杯に

赤ちゃん用に特別ブレンドされた善玉菌が、

ギュギュっと30億個配合されています。

更に、GOS(ガラクとオリゴ糖)

FOS(フラクトオリゴ糖)も

プラスされていて、

粉末状なので

ミルクやジュースに混ぜて食べやすい。

新生児の場合、

はじめの1週間は1日小さじ1/16を目安に

調製粉乳などに混ぜて食べるのがオススメです。

少量を湿らせたお母さんの乳首に塗ってから

授乳して与えることも可能です。

腸内フローラが出来上がる

小児期までの発酵食品の摂取は、

その人の一生に関わるものである、

とも考えられています。

赤ちゃんのためのプロバイオティクス、

おすすめです。

※妊娠・授乳中の方は、
※ご使用前にお医者様にご相談ください。
※薬を処方されている方、通院中の方は、
※ご使用前にお医者様にご相談ください。
※用法、用量を守って、正しくご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックで飛べます)
閉じる